フラッシュ脱毛・ニードル脱毛・家庭用脱毛器でvioラインなど、全身脱毛してきた私の経験談を綴っていきます!!

全身脱毛のイロハ

Uncategorized

ハイジニーナを薄くするにはどのくらいの回数通えばいいの?

投稿日:

「ハイジニーナ」は、欧米では主流となっているようですが、まだまだ日本では主流とは言えないようです。

日本では、某有名な姉妹のファビュラスなお姉様がしている、というのは有名な話であります。

ハイジニーナとは、アンダーヘアの全てを脱毛している無毛状態のことを言います。

「清潔」を意味する「hygiene(ハイジーン)」が語源とされています。VIO脱毛との違いは、Vゾーンを無毛にするか、しないかというもので、ハイジニーナは、VIO全ての毛を無くしてツルツルにすること。

これが、ハイジニーナとVIO脱毛の違いです。

何回くらい通えばいい?

ハイジニーナにするには何回くらい、サロンやクリニックに通えばいいのでしょう。毛量の多い箇所であるだけに、回数が多くなれば、それに並行して金額もかかるので、気になるところですね。

薄くするだけなのか、無毛にするか?

アンダーヘアを脱毛する人の多くは、IラインとOラインは完全に無毛の状態にしたいそうです。

さて、問題はVゾーン(前面から見える部分)をどうするか、です。ハイジニーナにして無毛状態にするのか、もしくは毛量を減らして薄くするだけなのか。契約をする前に、ちゃんとカウンセリングを受けて、自分でもどうしたいか、をはっきり決めておくべきです。脱毛した毛は戻ってきませんから。

サロン(ニードル含む)、クリニック、どこで脱毛するかによって回数は変わる

脱毛と一言で言っても、あらゆる脱毛法があります。光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛などなど。これらの脱毛法によって、回数も変わるようです。

光脱毛は、エステサロンなどでよく使われているもので、肌への負担が少なく、痛みも少ない、と言われています。しかし照射力が弱く、ハイジニーナにするには、18回前後は通うことになるそうです。私自身、光脱毛に10回ほど通いましたが、あまり効果が見られず、諦めました。ちなみに、光脱毛は 永久脱毛ではないため、また生えてくる可能性大だそうです。

次に、医療レーザー脱毛ですが、医療クリニックというだけあって、施術してくださる人は看護師さん。光脱毛より照射力が強いため、痛みは伴いますが、ハイジニーナにするには8回前後だそうです。照射力が強いことで起こるトラブルも、クリニックだと医師がいるのは安心材料になります。光脱毛に比べ、すぐに効果がでました。しかも、医療レーザー脱毛は、永久脱毛。

次に、ニードル脱毛。あまり、この脱毛まで手を伸ばす人は少ないのではないでしょうか。毛根ひとつひとつに電流を流し、11本確実に毛根を無くしていくニードル脱毛の痛みは半端ないですが、効果も半端ないです。もう2度と、その毛穴から「毛」が生えてくることはありません。間違いのない永久脱毛をしたい人は、ニードル脱毛で間違いなしです。ただ、施術できる人が決まっており手間もかかるので、時間とお金はかかります。

ハイジニーナにすることのメリット、デメリット

誰にも聞けない!!VIO脱毛のメリット・デメリットを経験者が語る!!』でもメリット・デメリットを詳しく書いていますが、何と言ってもメリットは、「蒸れ」からの解放だと思います。Iライン、Oラインを無毛にするだけで、かなり「蒸れ」指数は変わると思いますが、高温多湿の日に、デニムのスキニーを履いていることを想像してみてください。やっぱり「毛」の残っているVゾーンが、蒸れている気がする。全部無くしてしまったら、快適しか残らないんだろうな、と思いながらも、まだハイジニーナにする勇気がありません。それは、ハイジニーナにもデメリットがあるからです。

ハイジニーナのデメリットですが、「彼氏や夫から、どんな風に見られるのか」という意見は多いんではないでしょうか。「変わった性癖を持っていそう」とか、「子どもっぽく見えて嫌だ」とか。男友だちの声をズバリ聞いたことがあります。

私がハイジニーナにする勇気がない理由の1つとして、「温泉に行きづらくなりそう」というのもあります。温泉が好きで、週2ペースでいろんな温泉へ出かけています。湯船に浸かっている時に、目の前を横切る人たち。アンダーヘアをタオルで隠す人もいれば、見てくれ!と言わんばかりに隠しもせず、堂々としている人。ジロジロ見ているわけではありませんが、横切られると、ついつい目がいってしまいます。いくらタオルで隠していても、チラッと見えたりしますよね。そういうちょっとしたことですが、「見られているかも」という理由でなかなかハイジニーナに踏み切れない私がいます。

 

人体の不思議

どうしてこんなにも邪魔な毛が、全身に生えているだ!と思ったことが何度もあります。ワキ、脚、指、デリケートゾーン!他にもたくさん。 脱毛されるくらいなら、生えてくるな!とさえ思っていました。

なぜ、生える?

生えている必要がないなら、全て無くしてしまいたい体毛です。でも眉毛やまつげが、目へ異物が入らないように生えている、というように、「毛」は何かしらの理由があって生えているそうです。ワキはフェロモンを出すため、脚(すね毛)は身体を守るクッション的ためや、服を着用していなかった時代に、体温調節をするため。指も身体を守るためや、手の潤いを保つため。デリケートゾーンは生殖器を守るため、だそうです。実は、全ての体毛には何かしら必要な役割があったんです。

アンダーヘアは何本くらい生えてる?

さて、密林のごとく茂っているアンダーヘア。「アンダーヘアって、何本くらい生えているんだろう」と考えたことがありませんか?とてもじゃないけど、数えられるような本数ではありませんよね。以前、サロンで脱毛をしている時、スタッフに聞いたところ、 「人によってまちまちですが、数千本です。」という回答が返ってきました。 数千本といっても、ピンからキリまで。よくわからなかったので、調べてみたところ、1000本~7000本という、全く見当もつかないような幅の数字が並んでいました。 1本1本抜いていかないと、自分のアンダーヘアがどのくらいあるのか、知ることはできませんね。残念です。

生えている毛だけが、アンダーヘアではない

ただ安心したのは、自分のアンダーヘアを見て、それが全ての本数ではない、ということでした。「毛」には生え変わる周期があり、表面に生えている「毛」は 3分の1程度だそうです。 つまり、今から生えてくる準備をしている「毛」が、 3分の2は埋まっているということになります。ですから、今、生えている毛が7000本もある、というわけではないんです。

それにしても、この本数の差は大きいですよね。前述しましたが、温泉の湯船に浸かりながら、目の前を横切る人たちのアンダーヘアに、ついつい目がいってしまうことがあります。ちょうど、湯船に座って浸かっている目線の先に、タオルで隠さず歩く人たちのアンダーヘアが見えますから。よくよく見ていると、ここはジャングルか?と思うように、モジャモジャと生えている人。それに対して、申し訳なさげに生えている人。明らかに この2人では、生えている本数違いますよね。恐らく、生える準備をしている「毛」の量も圧倒的に違うんだと思います。アンダーヘアの本数が1000本~7000本と、かなりの差があったのは、このように人それぞれで生え方や、本数が違うことによるものなのでしょう。

ハイジニーナにするにも、薄くするにも、まずは徹底的に調べつくすべし!!

毛量を減らして薄くするだけでも快適なのに、ハイジニーナにしたら、どれだけの快適ライフが送れることでしょう。でも、「安いから」「痛くないから」という理由だけで、脱毛はしない方がいいです。IラインやOラインと同じように、Vゾーンも生殖器を守るという役割を持って生えている「毛」であることを忘れないようにしましょう。そして、どの脱毛方法にも危険は付きものです。そうそう!デリケートゾーンの自己処理はもってのほかですよ。常に皮膚トラブルが付きまといます。

自分が理想としているのはどのレベル?金額は?回数は?そして、必ずカウンセリングで聞いて欲しいのは、「デメリット」について。自分が気になる脱毛法のお試しができると、なお良いですね。

私もいつか、ハイジニーナで超快適「蒸れ知らず」ライフを送りたいものです。

-Uncategorized

Copyright© 全身脱毛のイロハ , 2018 All Rights Reserved.